シュレミールの小さな潜水艦
ゲーマーは二度死ぬ。一度目は社会人として、二度目は人間として。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


狩場レポート 第二回 影の神殿(神殿中央馬狩り)

第二回があるとはとても思えなかった
狩場レポートです

今回は影の神殿
神殿中央で混沌の司祭(馬)を狩ることに挑戦するというものです

え・・・?
それに哲学的意味がありますか?
効率がいいんですか?

ありません 
効率は最悪です

でも あのスタンを連発する馬を
単騎で狩ったら 格好良くない?

シュレの脳内エミュレーション

格好いい

モテモテ

女神降臨

影神殿特攻


キャラクタの能力の高さが決して個人の魅力に
結びつく訳じゃないことを よく知っているはずなのに

人は何故 過ちを犯してしまうのでしょうか・・・

それはさておき
単騎馬狩りの実践方法ですが

まず馬2匹とは戦えないことを
よーく肝に銘じておいてください

すごいLvが高いとか
すごい装備を使ってるとか
単騎じゃない人は別ですが

普通の55+ぐらいの人が単騎だと
交互にスタンされただけで死亡確定です

少なくとも見過ごせるリスクじゃないので
馬2が来ちゃったら 素直に飛びましょう
OP以上があれば 倒せないことはないですが・・・

回復PotはOP以上が欲しいところです
緊急Potは是非 演習配給Potを用意しましょう
生存率が変わってきます

次にエボニです
無いなら無いで 何とかなりそうですが
何とかなりません

2本は用意してきてください
画面ギリギリの敵を攻撃できるのはエボニだけです
(たぶん)
これも生存率に関わります

後は適当にAC装備をそろえてください
ADSP スキン等 補助魔法を貰ってくるのも有効だと思います

簡単に単騎馬狩りの原理ですが

影神殿の敵は仲間意識があります
NPC(司祭)を攻撃すると 視界内のNPC(司祭)はリンクします
視界外のNPC(司祭)も 動きはしませんが
半アクティブ ともいうべき状態になります
なにも無ければ静止していますが
PCが視界内にはいるとアクティブになります
このとき動き出したNPC(司祭)は
視界内に入ったPCではなく
半アクティブの原因となったPCを攻撃します
つまり 根に持っているわけですね
なんて陰険な奴らなんだ
さすが混沌の司祭と呼ばれるだけのことはある・・・

話が(いつものように)逸れましたが
馬単騎狩りはこの性質を利用して
1vs1で混沌の司祭(馬)と戦っているわけです

では 以下動画をご覧下さい



スポンサーサイト

新春ミステリー

こんばんは

アンデット シュレミールです

今年の年明けは
1日は朝から2日夕方まで 恐怖の36時間勤務
3日は 一日寝て
4日は仕事始め(日曜なのに)

最悪の年明けとなりました
休みを下さい

後輩も 疲れがたまっているようで
報告書を読んでいると

来場者 3台 0名

・・・?
3台・・・0名・・・?

後輩を呼び出し説教タイムです

シュレ「あのさ 報告書 3台0名て書いてあるんだけど、
    なんですかこれは。生きてる車ブンブー*1でも来たんですか?」
後輩 「ブンブーて何ですか・・・?」
シュレ「卵から生まれた車で・・・生きてて・・・変身するんだけど・・・」
後輩 「(かわいそうな子を見る目で)先輩・・・仕事してください・・・」
シュレ「・・・ごめんなさい・・・で、結局何名なの?」
後輩 「0台3名です」

あれ・・・怒っていた(怒ってないけど)はずなのに
逆に後輩に怒られたぞ・・・?

*1 ヘーイ!ブンブー
1985年 NHKで放送されていたらしい謎のアニメ
卵から生まれた 生きている車 ブンブーが
様々な車に変身して 事件を解決?するという話
シュレの中の人は 生で見たことはない

年明け早々ミステリーでした

ミステリーと言えばもう一つ
このサイト

1/4まで サイトがクリスマス仕様
(しかもクリスマス後にクリスマス仕様に)
そして1/4から正月仕様・・・

これも全て 休みのない社会が悪いのです
年末年始のお休みのない シュレミールは
一体どこへ行ってしまうのか

それはもう だれにもわかりません







プロフィール

シュレミール

Author:シュレミール
Lineage Canopusサーバで生きているエルフです
紳士ですが みんなには
変態 と言われています
誤解であることを みんなに伝えたいです


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。