シュレミールの小さな潜水艦
ゲーマーは二度死ぬ。一度目は社会人として、二度目は人間として。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年度末

年度末になり殺人的な忙しさです
もう僕は死ぬのかも知れない・・・
そんな予感で いっぱいのシュレミールです こんばんは

仕事が忙しすぎて
ここ4日ほどリネに入ってない気がします

いけないっ・・・このままじゃ・・・僕は・・・
真人間に覚醒してしまう!(無理)

そんな 仕事に打ち込み (やっと)真人間になろうとしていたシュレミール
しかしその裏では

Warmachineなる 怪しげなゲームに手を出しかけ

ルールブックを個人輸入

何故か独語版が送られてきたり

していました

英語はともかく(MTGも全部英語版だったし)
大学の時に1年(4単位)しかやったことのない
ドイツ語はマジ無理です
格変化とか全て忘れました


・・・仕事じゃないじゃん!

そんな みんなの心の叫びが聞こえてきそうですが

気にしないことにします


さて 最近 私の大学の後輩が

ベーシックインカム なる

怪しげな概念を信仰し始め

「日本を正常化するにはこれしかない!」
「ベーシックインカムがダメだと言うなら代案を示してください!」

などと言いはじめ
(特に後者を言われたときは)あやうく殴り倒すところでした

さてこの ベーシックインカム
(面倒なので以下BIと略)

どういう物かと言いますと
私もよく分かってないので Wikiでも読んでみてください

ベーシックインカム

どうですか?読みましたか?
ほとんどの人は読んでないと思いますが

ものすごく簡単に言うと
国民全員に 最低限生きていけるだけのお金を 無条件で支給する制度です

なんかいろいろメリットがあるようですが
どれもこれも あとで取って付けたような適当過ぎる理由

どうですか?
ゲロ以下のニオイがプンプンしてきますね!

BIて共産主義の名前が変わっただけで、何が違うのかはよく分かりませんが

信者どもは「全然違うんだよ!」と言ってきます

「富を無条件に再分配する制度」のどこが共産主義じゃないのかは
よくわかりませんが
むしろ競争を促進するのだそうです
(多分性善説に基づいた信者どもの妄想です)


そこで ひとつ簡単な思考実験をしてみましょう
おかしいところがあれば指摘してください


BIが導入されたとします。

働かなくても生活していけるだけの支給額です

大半の人は仕事を辞めなかったとしても、仕事を辞める人は出てくると思われます
そしてそれは きつい仕事の人ほど多いでしょう
楽な仕事に換える人もいるでしょう

すると きつい仕事をする人が減るので
労働力の確保のため、きつい仕事の労働単価が上がります

きつい仕事の労働単価が上がるので、必然的にその仕事の費用も上がります
費用が上がるので、きつい仕事によって得られていた生産物の値段も上がります

そして、全ての生活必需品が楽な仕事の結果得られているわけではありません

つまり (少なくともいくつかの)生活必需品の物価は上昇していきます

BI制度が導入されているため、生活必需品の価格が上昇すれば、支給額を上げなくてはなりません

支給額が上昇すれば 働いている人との格差が縮まります
働いている人の中には 「そんなに差がないなら 働かなくていいんじゃない?」と思う人が出てくるかもしれません
特に 楽な仕事をしていて その分収入も低い(BI支給とあまり変わらない)人はそう思うはずです
働かない人が増えるので、労働単価はまた上昇します

支給額が上がれば、当然必要とする財源も大きくなります

必要とする財源が大きくなれば、収入は税金しかないので 増税します

増税されれば 物価はあがります
税金が、所得税のみ とかの極端な状態ならあがりませんが・・・

所得税が増税されれば、働く人と働かない人との格差が縮まります
格差が縮まれば、「そんなに差がないなら 働くのはバカバカしい」と考える人が増えるでしょう

すると、また仕事をする人が減って行きます


この時点で、二重のダメスパイラルに突入しています

労働単価上昇 → 物価上昇 → 支給額上昇 → 増税 → 労働単価上昇+物価上昇


一部のものすごい頑張り屋さんの人が、きつい仕事で大もうけしようと頑張るかも知れません

しかし実際、増税に増税を重ねて所得税率70%とかになったとき、それでも頑張る人はいるでしょうか・・・?

自分の為とはいえ、睡眠時間を削り 汗水たらして働いているとき
町の人はみんな 安い醸造アルコールでも飲んで昼寝していたら
暇そうな 若い異性と 楽しそうに 遊んでいるのを見たら

しかも そのお金は 自分が頑張って稼いだお金から出ているのです

それでも がんばれる人は どれだけいるのでしょうか
そして そのがんばれる人だけで 労働需要を満たせるのでしょうか?



とりあえずシュレミールは BI制度が導入されたら
カナダかニュージーランドに移住すると思います


スポンサーサイト



プロフィール

シュレミール

Author:シュレミール
Lineage Canopusサーバで生きているエルフです
紳士ですが みんなには
変態 と言われています
誤解であることを みんなに伝えたいです


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。