シュレミールの小さな潜水艦
ゲーマーは二度死ぬ。一度目は社会人として、二度目は人間として。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本当は恐ろしい農場経営

東京こうていわ!

「東京皇帝☆北条恋歌」を読んでしまったため
挨拶が「東京こうていわ」になってしまった男、シュレミールです、東京こうていわ。
(でも多分もう2度とやらないです)


この「東京皇帝☆北条恋歌」、かなり前に1巻を読んだ時点で

これダメだろ・・・・・・

と思っていたのですが

先日

絶対女王にゃー様

というこれ以上ないくらい頭の悪そうなタイトルの本を読んでしまい
しかもそれが微妙に面白かったため
(でも2巻以降が手に入らず読んでいない)

「これは・・・・・・再度『東京皇帝☆北条恋歌』も評価しなくてはなるまい!」
と脈絡もなくそう思い

(脈絡なかったら説明する意味ないのでは?とか思ってはいけない。
 シュレミール世界において、それはある種の必然だったのだから)

2巻から 新刊で 最新刊(7巻)まで揃えて 今5巻まで読んだのです

『東京皇帝☆北条恋歌』、意外に 面白いですね。

「ダメだろこれ・・・・・・」と思った過去の自分の評価も決して間違いではないんだけれど
切り捨てるのも惜しい、確かに何か光るモノがあるような気がしないでもないような?
端的に言うと 瞬発的に面白かったりするような?
そんな感じです。

少なくとも壁本ではないです
あと小説家になってしまった私の先輩の本よりは面白いです

でも一般人には絶対勧められないなー

まあ一般人は表紙見たら買わないか・・・・・・。



それはさておき

例の破産した農場経営です
 
シュレミールは仕方なく、ダメにわとりどもを最低価格で売却し
春の種代を手に入れました

さあ ここから僕の農奴生活が 再スタートする・・・・・・

僅かな希望を胸に抱いて徒手空拳

二度と家畜には手を出さないと誓いながら

雑貨屋で種を買い、春の種まきです


ここで シュレミールは ふと 疑問を感じました

何かがおかしい。
何か、違和感がある。
シュレミールの中の、農奴としての魂が、何かを訴えているのです。

いったい何だろう?
少しだけ、操作をやめて考えます


なんで僕は、種を買っているんだろう?


普通の人なら、何の疑問も感じないかも知れません
種苗店から種や苗を買うことの、何がおかしいのか?と思うかもしれません

しかし、農奴紳士シュレミールの魂は
種を買う、という行為の意味について 普通の人より
ちょっとだけ 余計な知識を持っていました

普通の農家なら、前年採れた作物のなかから種を残し、それを播きます

しかし この農場(ゲーム)、

「マメのタネ」をそだてても
「マメ」は採れますが
「マメのタネ」は採れません
そして「マメ」は「マメのタネ」にはならず、売るしかないのです

つまり、どういう事かというと
毎年 必ず なんらかの「タネ」を購入しなくてはならない、ということです


これ・・・・・・F1作物じゃねーか・・・・・・!?

さてこのF1作物とはなんでしょうか

普通の人は まず知らないです
シュレミールの中の人も 大学の時 そっち方面の講義を取ってなければ
100% 知らない単語であったことは間違いないです

F1とは First Filial Generation、Google先生によれば「一代雑種」のことです

詳しくはご自分で調べてもらうとして
簡単に説明しますと

いわゆる商品作物です

メンデルの優性法則に従い、一代目の雑種(F1)は両親の優性遺伝子が発現します
従って、大きくて美味しいお父さんと そだちやすく病気に強いお母さんからの子供の一代目(F1)は
均一な大きさの、美味しくて病気に強くて育てやすい作物が育ちます
(ものすごくざっくり言ってます、正確に言うと長くなるので・・・・・・)
ところがこの優秀雑種(F1)の子供、F2雑種となると両親のそれぞれ劣性遺伝子が発現するので(分配法則)
大きさがバラバラで、美味しかったりまずかったり、病気に強かったり弱かったり、
発育がはやかったりおそかったり、たまにF1そっくりだったりする子供ができます

ここらへんはみんな飛ばして読んだと思うので簡単に言うと

F1作物の子供は 商品にならない作物ができます

なので、商品作物の種は毎年種子会社から購入しなくてはならないのです

(これが過激なGURTs(遺伝子利用制限技術)となると
 いわゆる「自殺する種子」ターミネータ遺伝子組込作物となります、
 これは商品にならない、ではなくそもそも発芽しません。
 ただし現在の所ターミネータ遺伝子組込種子は流通していないようです)


この「まきば生活ひつじ村」

ほのぼのした 牧場生活を楽しむゲームだとばかり思っていましたが
実は 商品作物農場だったようです
道理で 連作障害とかがないと思いました(実はあるのかもですが・・・・・・)

きっと 春先に大量の農薬と土壌燻蒸剤(毒ガス)で土壌を「洗浄」して
土の中の生物を(微生物も含めて)全滅させ、消石灰と化学肥料を混和し、
そこに種子消毒されたF1作物種子を播くのでしょう
播いているマメも きっと除草剤耐性品種とかにちがいありません



全然 ちっとも ほのぼのしてNeeeeeee!!!

そう言えば 採れた作物も全部雑貨屋に卸してるし・・・・・・

あの雑貨屋は真っ黒ですね
きっとモ○サントの子会社でしょう

そう言えば・・・・・・そう言えば・・・・・・

ほむらんが前回の日記のコメントで言っていました

「つまり真の敵は雑貨屋だったのです」

ほむらんは・・・・・・あの時点で真実を見抜いていたッ!
なんという慧眼
すばらしい洞察力


それに比べシュレミール・・・・・・

ほのぼの農場経営ゲームだと思っていたら
実はナニワ金融道で 無謀な経営であっさり破産し
しかもよく見たら 商品作物農場で農奴となって働いているって・・・・・・



これはひどい
じつにひどい

リアルでも悲惨な男は
ゲームの中ですら悲惨な運命を辿るのだろうか?
もうどうやってもこのゲームからは
ほのぼのを感じることの出来ないシュレミールの明日はどっちだ。









あ??大きな女の子がこっちをみたりあっちをみたりしている・・・・・・
あはは かわいいなあ メイドさんかな? いやちがうな
メイドさんはもっと ばーって うごくもんな
つらいなあ ここ
でられないのかな?
おーい だしてくださいよう







スポンサーサイト



プロフィール

シュレミール

Author:シュレミール
Lineage Canopusサーバで生きているエルフです
紳士ですが みんなには
変態 と言われています
誤解であることを みんなに伝えたいです


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。