シュレミールの小さな潜水艦
ゲーマーは二度死ぬ。一度目は社会人として、二度目は人間として。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アイ・ドント・クライ・オン・レイニー・デイズ

シュレミールは実戦に恋する戦闘機である。

いつか自分も と思っているうちに年月は過ぎ去り
いつしか 時代遅れの戦闘機になっていった

アラートやCAP、制空任務ではなく戦術支援任務が増え
それに従って 機体には 増加装甲や コンフォーマルタンクが増設され
水膨れした形状は 誰が見ても 制空戦闘機には見えなかった

かつて 実戦配備された直後の
内に殺意を秘めた 機能美といって良い スマートで美しかった姿は
もう どこにも見あたらなかった

仲間の戦闘機には
「そんな重装備で、NORAD(北米防空司令部)の単独爆撃任務でもやるつもりかい?」
などと 言われる有様

新しい世代の戦闘機も出始め
模擬空戦でも負けることが多くなった

もう 機関砲で撃ち合う時代ではなくなったのだ

強力なレーダーと電子機器を持ち
ECMとECCMの電子的な戦闘の末
先に発見した方が AIを搭載した先進的中距離自己誘導弾を発射して勝利する
それが 新しい戦闘の形だった
そこで必要なのは強力なエンジンとレーダー、そして電子機器、ステルス性
多少の機動性の優位など 何の役にも立ちはしないのだった
(もっとも 強力なエンジンとベクターノズルを搭載し 電子制御なしには飛べない静的安定が
負の新型機たちは 加速性 機動性でもシュレミールを圧倒していたのだが)

たまに勝つときも 機体の性能で勝つ というよりは
圧倒的優位な状況から パイロットの戦術と装甲と貫禄で撃ち勝つといった感じだった

後継機の配備計画も囁かれはじめ シュレミールも引退の日が近づいていた

訓練の回数も減り ハンガーで整備されるだけの日が多くなった
整備班長も しきりに機体構造寿命のデータを見るようになった

静的安定をFBWなしに限界まで下げた設計のため
ほかの用途にも転用できず 空軍内でも 使いにくいという評価
引退は 時間の問題だった

そして引退の日がやってきた

1度も実戦を経験することの無かった機体でも 引退セレモニーをしてくれることになった
シュレミールは実戦配備以来の記念ペイントで装い 記念展示飛行を行った
記念ペイントのノーズアートが桜沢いづみということに 若干の疑念を抱いたが
空軍の体質に 疑問を挟める立場でも無いだろう と思い直した

記念展示飛行の最中 思い出されるのは訓練や任務の事ではなく
シミュレーション空戦の事ばかりだった

そこで出会った、数々の、現実では出会うことの無かった敵機たち
彼らを撃墜するため生まれてきた自分
そして 一度も戦うことなく 消えてゆく自分

戦果を残すこともなく 記録を残すこともなく

後継機に、今までを振り返ってどうでしたか、と聞かれたとき
用意しておいた 答えを口にする

「夢のような 人生でした」

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




プロフィール

シュレミール

Author:シュレミール
Lineage Canopusサーバで生きているエルフです
紳士ですが みんなには
変態 と言われています
誤解であることを みんなに伝えたいです


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。