シュレミールの小さな潜水艦
ゲーマーは二度死ぬ。一度目は社会人として、二度目は人間として。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しずくの森 Ⅲ

この記事は 旧ブログに掲載されていた記事を加筆訂正したものです

「ぷるるんっ しずくちゃん あはっ☆(1/20分)」

我々の常識では計り知れない 幻想の国 しずくの森
今週は冒頭からいきなり 鼻毛を自在に操る鼻毛の怪物 が登場

いきなりです。やってくれます。視聴者どん引きです。

こういった怪生物が闊歩しているのがしずくの森の通常状態であれば
しずくの森と我々との乖離は マリアナ海溝より深いと言わざるを得ません。

この怪生物の名前は「アミーゴ・ハナゲデス」

ハナゲデスは 昔別れ別れになった妻子を探しながら旅をしているのだそうです。
そして しずくの森で ついに妻子と再会するのですが・・・

久々に再開した息子は ハナゲデスを父親とは認めず
森林警備隊長のチリカラ・レッドの息子だと主張します。

実は以前、嵐で家が飛ばされ、ハナゲデスの家族はばらばらになったのですが
離散後、ハナゲデスを探す旅をしていたハナゲデスの妻子は
危ないところを森林警備隊長のチリカラ・レッドに助けられ、一緒に旅をすることになったのです。

いつしかハナゲデスの息子はチリカラレッドを 父親と慕うようになり
危難の際に自分と母親を助けられなかった ハナゲデスを恨むようになったのです。

ここで両者を比較しましょう

チリカラ・レッド

・森林警備隊長
・シュレミール並みに紳士
・武器は銃
・かっこいい
・平和主義者

ハナゲデス

・無職 住所不定
・人の話を聞かない
・武器は鼻毛 というか鼻毛を操る以外の能がない
・最高にかっこわるい むしろマスクをした姿(登場時)は犯罪者にしか見えない
・久々に再会した妻子を 気に入らないという理由で殴る

私でもチリカラ・レッドを父親だと強く主張します。
むしろハナゲデスは完全に他人です。

どうでもいいですが、まるで昼ドラのようなこの話
対象の視聴者(子供達)にわかるのかが心配です。

チリカラレッドは辛い赤い液体(タバスコ?)を銃(水鉄砲)から撃って戦うのですが
ハナゲデスの息子もチリカラ・レッドに与えられたのでしょう、同じ武器を持っています。

そして森林警備隊のまねごとをしているのですが

ピザを落としたあせお君に
「食べ物を粗末にするな!」(あの あせお君にです)
と辛い液体を撃ちます。

あせお君は ピザで防御。そして
「おいしそう・・・!」
と(落とした)ピザを食べ
(この時点で息子は目の前の人物が食べ物を全く粗末に扱っていないことに気が付くべきです)

「おいしい・・・もっと・・・もっとかけてぇぇぇ!」
と迫ります。これなんてエロゲ?

ハナゲデスの息子は身の危険を感じて逃げますが
(私でも感じます)
あせお君はその体に似合わない速度で疾走、息子を追跡、辛い液を強要します。

ハナゲデスの息子は恐怖のあまり、液体が切れるまで撃ち続けます。
まるで初めて戦場に出て、恐怖のあまり弾が切れても引き金を引き続けている
新兵のようです。

(また余談ですが、シュレミールは初めてイフに遭遇したとき、恐怖のあまり全然ダメージを受けてないのにOPを飲みまくり、Potが切れて帰還したことがあるのは秘密です)

そして辛い液まみれのピザを食べ終えた ピザ あせお君は
「うひ・・・うひひひ・・・ひひ・・・」
と気持ち悪い声で笑いながら何処かへ立ち去るのでした。

文字ではあの気持ち悪さを完全にお伝えできないのが残念です。

ハナゲデスは息子に嫌われた恨みを 恩こそあれ恨みなど無いチリカラレッドに向け
止めようとする妻に暴力を振るい、
「ハナゲスクリュー」等々の技で襲い掛かります。

ハナゲデスは容姿だけでなく、性格まで最悪でした!

しかも チリカラレッドの反撃を受け逆にやられてます。
(チリカラレッドは最後まで実力行使をためらっていました)

男として むしろ生物として あらゆる面で敗北したハナゲデス
もはや かっこ悪いとか そういう領域を超え
最低最悪の生物 ハナゲデスは 妻子との生活をあきらめ、立ち去ろうとするのですが・・・



突然しずくの森のそらが暗くなり
雷が森に落ち、森林火災が発生します。
鳥が、そして動物達が逃げていきます。
(余談ですが、ここで描写される一生懸命逃げる蛇のかわいさは異常)



チリカラレッドは消火剤で森林火災に立ち向かいますが
不注意で炎に巻かれてしまいます。
また、それを助けようとしたしずくちゃん達も炎に包囲されてしまい、絶対絶命です。

しかしそこは雨粒の精霊、しずくちゃん
水を発生させて森林火災を鎮火させようとします。
そしてハナゲデスが「鼻毛扇風機」という技で水をばら撒くのですが
(途中でハナゲデスは力尽き、息子が代行します。ハナゲデスは本当に最低です)

あれ・・・これ・・・別にしずくちゃんが直接水をまけば済んだ話なんじゃ・・・?


そして何故なのかよくわかりませんが息子は父親を見直し
またハナゲデスは家族そろって暮らせることになったのでした。

ここまで書いておいてなんですが
私はしずくの森で何が起こったのか、全く理解できませんでした。

何故 あの展開で 久々に会った家族に気に入らないから という理由で暴力を振るう
男と 一緒に暮らせるのでしょうか

さすが しずくの森ですね!

シュレミールは狂った世界、しずくの森を応援しています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

シュレミール

Author:シュレミール
Lineage Canopusサーバで生きているエルフです
紳士ですが みんなには
変態 と言われています
誤解であることを みんなに伝えたいです


カテゴリ


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。